当事務所は、単なる書類作成業務に限らず、起業されるあなたの
不安・悩みに対して経営者としての
経験に基づくアドバイス・コンサルティングを行います!
当事務所の特徴
その1

豊富な実績
経営者として10年以上経験が有り、創業融資にも強い行政書士だから、会社設立業務について安心してご相談ください。

もちろん、電子定款対応なので料金もお得です。
経営者として10年以上経験が有り、創業融資にも強い行政書士だから、会社設立業務について安心してご相談ください。

もちろん、電子定款対応なので料金もお得です。
当事務所の特徴
その2

アドバイス
税理士、社会保険労務士在籍なので、会社設立後の相談も可能です。

経営者暦10年以上の私が、設立後、会社経営の希望であればアドバイス・コンサルティングいたします。
税理士、社会保険労務士在籍なので、会社設立後の相談も可能です。

経営者暦10年以上の私が、設立後、会社経営の希望であればアドバイス・コンサルティングいたします。
当事務所の特徴
その3

駅チカ  
池袋駅西口、C2出口より徒歩2分の好立地

会や設立前、設立後も納得行くまでご相談ください。
当事務所総力を挙げて真髄に相談に乗ります。
池袋駅西口、C2出口より徒歩2分の好立地

会や設立前、設立後も納得行くまでご相談ください。
当事務所総力を挙げて真髄に相談に乗ります。
フォームボタン
電話
会社設立ワンストップサービス
会社設立の為の複雑な手続き、複数個所の事業所に申し込むことを考えるのは面倒ですよね。
当事務所では、一連のお手続きをワンストップで行うので、手間がかからないだけでなく、
時間・費用の短縮にもなります。

株式会社か合同会社の方がいいのか、その違いについてもわかりやすく説明いたします。 また資本金の額、決算月。会社組織についてもわかりやすく説明いたします。

上記の説明が可能なのは、行政書士であり、また、会社経営者として11期の実績がある行政書士が担当するからです。
定款作成は、辞令を提示しながら作成し、コスト面も当行政書士事務所では、電子定款作成時にかかっていた印紙代4万円の負担がなくなりお得です。
法務局への書類作成、提出は提携の司法書士・弁護士が行ないますので、お客様が公証役場や法務局に出向く必要はありません。
登記簿謄本、法人用印鑑カード法人用印鑑証明もお客さんにお渡しするので、会社運営に重要な営業活動等に専念してください。
税理士、社会保険労務士等の顧問契約必要かヒアリングの上、アドバイスします。
記帳代行のみで大丈夫な場合や、社会保険(健康保険・厚生年金保険)への加入を代行だけ大丈夫な場合などケースバイケースでご紹介できます。
もちろん、強制は一切しません。
創業時の悩みで多いのが資金面です。
創業し遠近の種類や申請要件を説明いたします。
ご希望であれば創業支援サービスもご提供します。
お客の創業時に該当する補助金があればお知らせいたします。
会社設立後必要な営業活動もサポートします。
名刺の作成、ロゴの作成、ホームページや集客についてはアドバイス、コンサルティング可能です。
会社が存続するには、会社存続はスタートダッシュが大事か、そして、営業活動が大事です。
会社設立の流れ
STEP1 お問合わせ
まずはお電話か専用フォームから
お問い合わせください。

面談の日程など決定し、会社設立への
第一歩へ進みましょう!
STEP2 面談
株式会社の方がいいのか、
合同会社の方がいいのか、
その違いについてわかりやすく
説明いたします。
また、資本金の額、決算月、会社組織の考え方も、わかりやすく説明いたします。
STEP3 お申し込み
面談後で会社設立の内容が決まりましたら
正式にお申し込みになります。
お申し込み後は、会社設立まで何度でもご相談ください。
ご相談方法は電話・メール・面談、
どのような形でも可能ですのでご安心ください。
STEP4 設立手続き
設立に伴い、お客様に以下の手順をお願いします。

1、会社設立料金の振込み
2、会社用実印の購入
3、発起人の印鑑証明書のご用意
4、定款等に押印
5、資本金の払込み
STEP5 届出書提出
株式会社設立後の税務書類提出
(税務署、税事務所、市区町村役場へ、
法人設立届等の会社設立後に提出が
必要な書類の提出を当事務所の
税理士が行ないます)
社会保険関連の書類提出
(健康保険・厚生年金保険への
加入を代行を当事務所の社会保険労務士
が行ないます)
フォームボタン
電話
会社設立業務
リライアンス東京行政書士事務所では、会社設立について一から丁寧にアドバイスい たします。

株式会社の方がいいのか、合同会社の方がいいのか、 その違いについてもわかりやすく説明いたします。

また、資本金の額、決算月、会社組織の考え方も、わかりやすく説明いたします。

上記の説明が可能なのは、行政書士であり、また、会社経営者として11期の実績があ る 行政書士が直接会社設立業務を行うからです。

さらに、コスト面も当行政書士事務所では、電子定款作成に対応しておりますので、 紙の定款作成時にかかっていた印紙代4万円の負担がなくなりお得です。

そして、法務局への書類の作成、提出は提携の司法書士・弁護士が行いますので 当事務所では、会社設立をワンストップで行うことが可能です。

株式会社設立に必要となる全費用

公証役場認証料50,000円
定款謄本取得料2,020円
法務局登録免許税150,000円
弊社手数料40,000円
収入印紙代3,000円程度(必要部数分)
・会社設立後に取得できるようになります。
・登記簿謄本600円/通、印鑑証明書450円/通となります。
・ご希望の部数を取得いたします。

株式会社設立後の
オプションメニュー

税務書類
10,000円
税務署、税事務所、市区町村役場へ、法人設立届等の会社設立後に提出が必要な書類の 提出を代行いたします。
社会保険
10,000円
社会保険(健康保険・厚生年金保険)への加入を代行いたします。



合同会社設立に必要となる全費用

法務局登録免許税60,000円
弊社手数料40,000円
収入印紙代3,000円程度(必要部数分)
・会社設立後に取得できるようになります。
・登記簿謄本600円/通、印鑑証明書450円/通となります。
・ご希望の部数を取得いたします。

合同会社設立後の
オプションメニュー

税務書類
10,000円
税務署、税事務所、市区町村役場へ、法人設立届等の会社設立後に提出が必要な書類の 提出を代行いたします。
社会保険
10,000円
社会保険(健康保険・厚生年金保険)への加入を代行いたします。


会社設立料金表比較

よくある比較表(結局は、どれか1つの選択肢しかない)。

  当事務所 お客様ご自身 税理士・0円業者
定款認証印紙代 0円 40,000円 0円
定款認証手数料 52,000円 52,000円 52,000円
登録免許税 150,000円 150,000円 150,000円
司法書士手数料 0円 0円 0円
設立サポート手数料 40,000円 0円 0円
合計 242,000円 242,000円 202,000円
特徴 電子定款を使ってお得 安いがノウハウがないため時間が掛かる 顧問契約が前提なので結局大幅に割高の可能性大

当事務所の場合、ABCのパターンをお客様に合った最善のものを選んで頂けます。

  パターンA パターンB パターンC
定款認証印紙代 0円 0円 0円
定款認証手数料 52,000円 52,000円 52,000円
登録免許税 150,000円 150,000円 150,000円
司法書士手数料 0円 0円 0円
設立サポート手数料 40,000円 25,000円 0円
合計 242,000円 227,000円 202,000円
特徴 会社設立のワンストップサポート 当事務所と記帳代行業務契約の締結が条件になります 当事務所の行政書士との税理士顧問契約の締結が条件になります
他事務所では、よくある比較表のように単一の料金提示が多いです。つまり選択肢が少ないですね。当事務所では、税理士がいる、記帳代行を行っている、 そして、経営者歴12年の行政書士がいる、ので3つの手数料のパターンを提示できます。お客様の実情に合った手数料パターンをお選びください。
また、ワンストップサポートは割高に見られるかもしれませんが、 時間・設立後の運用費用を想定すると、結果的に時間対費用効果は、ワンストップが最高です。
「設立後も費用を抑えたい」「無駄な手間はかけたくない」という方はぜひご検討ください。
会社設立料金表
  株式会社 合同会社
定款認証印紙代 0円 0円
定款認証手数料 50,000円 0円
定款謄本取得手数料(2通) 2,020円  
登録免許税 150,000円 60,000円
当事務所手数料 40,000円 40,000円
登記簿謄本取得料(2通) 2,000円 2,000円
印鑑証明書取得料(2通) 900円 900円
合計 244,920円 102,900円
会社設立のオプションメニュー
税務書類の提出代行サービス 10,000円
社会保険の加入代行サービス 10,000円
フォームボタン
電話
お問い合わせフォーム


(必須)例)山田 太郎
(必須)例)mail@example.com
例)03-1234-5678
(必須)